激辛は口内炎の原因となる?予防するには?

痛い口内炎、できると憂鬱ですよね。
かくをいう私も口内炎は出来やすい方で、少し疲れがたまるとすぐに口の中に小さい口内炎が出来てしまいます。

ところで、辛い食べものを頻繁に食べると口内炎が出来やすくなる・・という話、聞いた事はありませんか?
オススメ!



元祖辛麺屋「桝元」のラーメン2食セット

TVでも話題の元祖辛麺屋「桝元」のラーメン2食セット。

旨味のある辛味がたまらなくおいしい。
ラーメン後のスープで作った雑炊も最高です。

味を選べます。
送料無料!




口内炎ができるメカニズム

口内炎ができる原因は様々ですが、ひとつには生活習慣が乱れたり、食事内容の偏りなどで栄養バランスが崩れた場合に、 口の中を噛んだり歯ブラシなどで傷つけてしまったことがきっかけとなって、口内炎ができることが多いようです。

生活習慣が乱れると、体が疲れやすくなります。
体が疲れるとビタミンB群を沢山消費しますが、食事が疎かだと必要な栄養が確保できません。

ビタミンB群は、粘膜の健康を保つために大切な働きをするビタミンです。
そのビタミンB群が不足した状態が続くことで、口腔内の粘膜が弱ってしまい、口内炎が出来やすい状態となります。

他にも、加齢や病気によって口内炎ができやすくなったり、 唾液が少ない方も口内炎になりやすいようです。



胃腸が荒れると口内炎が出来やすくなる人も

はっきりとした根拠はありませんが、胃腸が荒れると口内炎が出来やすくなるという人は少なくないようです。

私自身ももともと胃腸はあまり強くはなく、胃腸の調子が悪いときに口内炎が出来るパターンが多いことからも、 あながち思い込みや勘違いなどではないのではと考えています。

胃腸が荒れると口内炎が出来やすくなる理由については・・
・胃腸が弱っている影響で栄養の吸収力が落ちている
・胃酸過多による胃酸の影響
特にビタミンB群が不足すると口内炎ができやすくなりますから、 胃腸が弱って栄養の吸収力が落ちているときに、口内炎ができてしまうというのはもっともな理由だといえます。

辛い食べものを頻繁に食べると口内炎が出来やすくなる・・というパターンの多くは、 「辛いものを食べる → 胃腸の調子が悪くなる → 口内炎」という流れによるものではないでしょうか。

また、胃酸過多によって口内炎ができることもあるようです。
胃酸過多の原因は、食べ過ぎや飲みすぎなど胃に負担がかかる食生活や、最近はストレスなども多いよう。

ストレスはビタミンB群を大量に消費しますから、 たとえ胃酸過多でなくとも、ストレスが多いと口腔内の粘膜が弱って口内炎が出来やすくなります。

粘膜が弱っている状態で刺激に強い激辛料理を食べたとしたら、 口内炎ができてもおかしくはなさそうです。



辛いものは口内炎の原因になりえる 口内炎が出来やすい人は刺激物は控えめに

様々なことが原因で出来る口内炎。
辛い食べものが原因で口内炎ができる理由には、以下のようなものがあげられます。
・辛みの刺激で口内炎を誘発
・胃腸に負担をかけたことによって口内炎ができる
健康な方であれば、少々辛いものを食べても口内炎ができることはそうないと思います。

しかしストレスで胃や口の粘膜が弱っていたり、病み上がりであったり、ビタミン不足気味であるというような場合に、 辛み成分の刺激が加わる事で口内炎ができることはあるでしょう。

体調があまりよくないな・・なんて時に、刺激の強い激辛料理を食べるのは控えた方が無難です。

もちろん、口内炎にはウイルス感染によるものや、なんらかの疾患によってできる場合もありますので、 辛いものを食べたから口内炎ができたと考えるのは早計です。

一般的な口内炎の場合は、刺激物を控えて休息やビタミンなどの栄養をしっかりと摂っていれば、 それ程長引くことなく治るでしょう。

しかしなかなか治らない場合や短期間で何度も繰りかえす場合は、他の病気が原因となっている可能性があるため、 歯科医院で診察してもらった方が良いかもしれません。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オススメ!



元祖辛麺屋「桝元」のラーメン2食セット

TVでも話題の元祖辛麺屋「桝元」のラーメン2食セット。

旨味のある辛味がたまらなくおいしい。
ラーメン後のスープで作った雑炊も最高です。

味を選べます。
送料無料!



関連記事

風邪の時に辛いものを食べるのは良いこと?それともダメなこと?

風邪の引き始めに辛い料理を食べたら、風邪がすっきり治った。そんな経験をした事がある方、少なくないと思います。しかし一方で、風邪の時に辛いものは良くないという声も。実際のところ、風邪の時に辛いものを食べるのは良いことなのでしょうか、それともやめておいた方が良いのでしょうか?

激辛は口内炎の原因となる?予防するには?

辛いものを食べると口内炎が出来やすくなる。そんな方は結構多いようです。根拠はありませんが、刺激物ですから口内炎ができてもおかしくはありませんよね。今回は、辛いものを食べると口内炎が出来やすくなる理由についてお話いたします。

唐辛子など辛いものを食べて薄毛になることはある?

辛いものを食べると薄毛になる。そんな話、聞いた事ありませんか?本当だとしたら、激辛が好きな方にはショックが大きいはず。実際のところ、辛いものが薄毛の原因になることはあるのでしょうか?

子どもに激辛料理はOK?NG?

刺激物を嫌う子供は多いですが、稀に辛いものでも平気で食べられてしまう子供もいます。しかし、子供に辛いものを与えても良いのでしょうか?今回は、子供に辛いものを与えることの是非と、辛いものを与えた場合の影響についてお話しします。

妊娠中に激辛料理はNG?赤ちゃんへの影響は?

激辛料理が大好き!でも妊娠中は赤ちゃんに影響を与えそうで怖い・・なんて妊婦さん、おられると思います。妊娠中に辛い料理を食べるのは良くない事なのでしょうか?

激辛料理を食べすぎると味覚障害に!?その真偽は

激辛料理を頻繁に食べていると、味覚障害になるときいたことはありませんか?そういわれると確かにそのような感じもしますが、本当のところはどうなのでしょうか。唐辛子などの辛味成分が原因で、味覚障害になることはあるのでしょうか?

激辛料理(唐辛子料理)は体に良いのか?悪いのか?

激辛料理大好き!と連日のように辛い物を食べたり、マイ唐辛子を持ち歩いている方もおられると思います。しかし、気になるのが体の健康への影響。メリットもデメリットもある辛い料理、果して激辛料理は体に良いのでしょうか?それとも悪いのでしょうか?

授乳期の激辛料理はNG?母乳に辛味成分が出ると聞いたけれど・・・

激辛料理が好き。でも授乳中だから食べられない…なんて我慢をしているお母さん、おられると思います。母乳はお母さんの血液からできていますので、辛い物を食べるのは良くないというのは一理あることです。しかし実際のところ、授乳中のお母さんが辛い物を食べるのはNGなのでしょうか?

激辛料理は太る?太らない?ダイエット中に食べてもいいの?

激辛料理には痩せるイメージがあります。ですが、辛い料理を食べた翌日に顔がむくんだり、体重が増えることは珍しくありません。ひょっとすると、激辛料理はダイエットには向かないのでしょうか?

激辛料理を食べるとお尻が痛くなる 痔の原因になり得る?

激辛料理を食べた後、お尻が痛くなった経験をされている方は少なくないと思います。結構つらいですよね。しかし、なぜ辛い物をたべるとお尻が痛くなるのでしょうか?

TOP