妊娠中に激辛料理はNG?赤ちゃんへの影響は?

唐辛子をたっぷり使った激辛料理が大好きだけれど、妊娠しているから刺激物を食べるのは心配。 そう思って妊娠中に辛いものを控える妊婦さんは少なくないと思います。

妊娠中は、お母さんの食べたものが赤ちゃんの栄養になりますから、 刺激の強い唐辛子を使った料理は、なんとなく赤ちゃんの体に良くない気がしますよね。

しかし実際のところは、どうなのでしょうか?
辛い食べものが、赤ちゃんに何らかの影響を与えることはあるのでしょうか?
オススメ!



元祖辛麺屋「桝元」のラーメン2食セット

TVでも話題の元祖辛麺屋「桝元」のラーメン2食セット。

旨味のある辛味がたまらなくおいしい。
ラーメン後のスープで作った雑炊も最高です。

味を選べます。
送料無料!




唐辛子の成分が赤ちゃんに影響を与えることはない

お腹の中にいる赤ちゃんは、お母さんから栄養をもらって成長します。

つまりは、お母さんが食べたものの栄養が赤ちゃんの栄養になるのですが、 では唐辛子を食べたとしたら、赤ちゃんにも唐辛子の成分の影響を与えてしまうのでしょうか?

答えはNOです。
お母さんが食べたものの成分が、そのまま赤ちゃんに移行するわけではありません。

赤ちゃんは必要な栄養分のみを、お母さんから受け取って成長しています。 ので、激辛料理自体が赤ちゃんに影響を与えることはないと考えても良いでしょう。

ではなぜ、産院では刺激物を控えるように言われるのでしょうか?



妊娠中に激辛料理がダメだといわれる理由

妊娠中に、激辛料理・・刺激物の摂取を控えた方が良いと言われる理由は、以下の通りです。

激辛料理は塩分が高い

激辛料理は、一概に塩分高めの料理が多いです。

唐辛子の辛さでわかりにくくはあるのですが、食べた後にとても喉が渇きますよね? それは一時的に体内の塩分が過剰になり、体が水分を欲しているからです。

普段なら少々塩分を摂り過ぎてもすぐに排出されてしまうため、特に健康に問題がない場合は大丈夫ですが、 妊娠中は高血圧になりやすく、塩分の取り過ぎはご法度。

特にお店で食べる激辛料理は塩分量が調整しづらいため、注意が必要です。

激辛料理は食欲を増進させる

唐辛子などのスパイスを使った料理には、食欲を増進させる作用があります。

食欲がなくても、辛いラーメンやカレーなら美味しく食べられるというのは、 スパイスの食欲促進作用によるもの。

食欲がない時に食欲が増すのは良いことなのですが、 妊娠中(特に後期)はどちらかというと食欲が増しやすく、食欲増は体重増にそのままつながります。

体重のセーブが難しい時期だけに、 食欲を増進させる辛い食べものを頻繁に食べるというのは、あまり好ましいことではないといえるでしょう。

激辛料理は胃腸に負担をかけやすい

唐辛子を使った辛い料理は、胃腸に負担をかけやすいです。

少量をたまに食べる程度ならばまだしも、料理が真っ赤になるような激辛料理を頻繁に食べるのは、 胃腸の粘膜を荒らす原因になります。

胃を悪くしたりひどい下痢をしてしまったり、辛み成分が肛門付近を刺激することで痔の原因になってしまうかもしれません。

妊娠中はホルモンの働きで、ただでさえ便秘になりやすい時期です。 お尻が痛くなったり痔になってしまったとしたら、妊娠中ずっと便秘に悩まされることになる可能性もあります。



以上の理由に目を通して分かる通り、 激辛料理は赤ちゃんに影響があるというよりは、お母さんの方に影響が出やすいのだといえるでしょう。

お母さんが体調を崩すことで、おなかの中にいる赤ちゃんにも何らかの影響を与えてしまう可能性はあります。



適量であれば辛い料理もOK むしろ我慢はストレスに繋がる

妊娠中のお母さんの体調に影響してしまうほど、辛い料理を頻繁に食べるのは良くありませんが、 適度に楽しむ程度であれば、激辛料理も全然構わないと思います。

悪阻で食欲はないけれど、辛みのある食べ物なら食べられるなんて方もいるでしょうし、 辛いものが好きな方にしてみると、辛いものを食べること自体がお母さんのストレス解消にも繋がりますので、 むしろ食べた方が赤ちゃんにも好影響かもしれません。

あまりにも刺激の強い料理は避けた方が無難ですが、 辛いものが好きなら我慢せず、適度に摂りいれるようにしましょう。



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オススメ!



元祖辛麺屋「桝元」のラーメン2食セット

TVでも話題の元祖辛麺屋「桝元」のラーメン2食セット。

旨味のある辛味がたまらなくおいしい。
ラーメン後のスープで作った雑炊も最高です。

味を選べます。
送料無料!



関連記事

風邪の時に辛いものを食べるのは良いこと?それともダメなこと?

風邪の引き始めに辛い料理を食べたら、風邪がすっきり治った。そんな経験をした事がある方、少なくないと思います。しかし一方で、風邪の時に辛いものは良くないという声も。実際のところ、風邪の時に辛いものを食べるのは良いことなのでしょうか、それともやめておいた方が良いのでしょうか?

激辛は口内炎の原因となる?予防するには?

辛いものを食べると口内炎が出来やすくなる。そんな方は結構多いようです。根拠はありませんが、刺激物ですから口内炎ができてもおかしくはありませんよね。今回は、辛いものを食べると口内炎が出来やすくなる理由についてお話いたします。

唐辛子など辛いものを食べて薄毛になることはある?

辛いものを食べると薄毛になる。そんな話、聞いた事ありませんか?本当だとしたら、激辛が好きな方にはショックが大きいはず。実際のところ、辛いものが薄毛の原因になることはあるのでしょうか?

子どもに激辛料理はOK?NG?

刺激物を嫌う子供は多いですが、稀に辛いものでも平気で食べられてしまう子供もいます。しかし、子供に辛いものを与えても良いのでしょうか?今回は、子供に辛いものを与えることの是非と、辛いものを与えた場合の影響についてお話しします。

妊娠中に激辛料理はNG?赤ちゃんへの影響は?

激辛料理が大好き!でも妊娠中は赤ちゃんに影響を与えそうで怖い・・なんて妊婦さん、おられると思います。妊娠中に辛い料理を食べるのは良くない事なのでしょうか?

激辛料理を食べすぎると味覚障害に!?その真偽は

激辛料理を頻繁に食べていると、味覚障害になるときいたことはありませんか?そういわれると確かにそのような感じもしますが、本当のところはどうなのでしょうか。唐辛子などの辛味成分が原因で、味覚障害になることはあるのでしょうか?

激辛料理(唐辛子料理)は体に良いのか?悪いのか?

激辛料理大好き!と連日のように辛い物を食べたり、マイ唐辛子を持ち歩いている方もおられると思います。しかし、気になるのが体の健康への影響。メリットもデメリットもある辛い料理、果して激辛料理は体に良いのでしょうか?それとも悪いのでしょうか?

授乳期の激辛料理はNG?母乳に辛味成分が出ると聞いたけれど・・・

激辛料理が好き。でも授乳中だから食べられない…なんて我慢をしているお母さん、おられると思います。母乳はお母さんの血液からできていますので、辛い物を食べるのは良くないというのは一理あることです。しかし実際のところ、授乳中のお母さんが辛い物を食べるのはNGなのでしょうか?

激辛料理は太る?太らない?ダイエット中に食べてもいいの?

激辛料理には痩せるイメージがあります。ですが、辛い料理を食べた翌日に顔がむくんだり、体重が増えることは珍しくありません。ひょっとすると、激辛料理はダイエットには向かないのでしょうか?

激辛料理を食べるとお尻が痛くなる 痔の原因になり得る?

激辛料理を食べた後、お尻が痛くなった経験をされている方は少なくないと思います。結構つらいですよね。しかし、なぜ辛い物をたべるとお尻が痛くなるのでしょうか?

TOP