授乳期の激辛料理はNG?母乳に辛味成分が出ると聞いたけれど・・・

辛いものが大好き。
でも今は授乳中だから、食べたいけれど我慢した方が良いのかも・・なんて、辛い物が好きだけれど食べるのを控えているお母さん、 おられると思います。

お母さんの食べたものが母乳に出るというのは、もはや誰もが知っている常識ともいえることです。

実際、授乳中は飲めない薬が多いですし、もし病気などで薬を飲まなければいけない場合、 授乳を控えるように言われます。

辛い物を控えた方が良いと思うのは、当然かもしれません。
しかし、実際のところはどうなのでしょう?
オススメ!



元祖辛麺屋「桝元」のラーメン2食セット

TVでも話題の元祖辛麺屋「桝元」のラーメン2食セット。

旨味のある辛味がたまらなくおいしい。
ラーメン後のスープで作った雑炊も最高です。

味を選べます。
送料無料!




激辛料理、辛い物をたべると母乳に出るの?

唐辛子を使った料理・・例えばスープに唐辛子を使ったラーメンやカレーなど、 辛い料理を食べるとその成分が母乳に出るのでしょうか?

出産をした後、看護師さんに脂っこいものは乳腺が詰まるから良くないとか、 スパイス類は母乳の味が分かるから控えた方が良い、などといわれたことがある方もおられると思います。

その理由は、母乳は血液から作られるから。

唐辛子の辛味成分「カプサイシン」は、食べると血液中に取り込まれます。 その血液中のカプサイシンが母乳に出たとしても、何ら不思議はありません。

しかし母乳を作り出す際に、そのまま血液中のカプサイシンが出てしまうのかというと、 そんな事はないでしょう。

もし出てしまうのだとしたら、その母乳を赤ちゃんが飲む事は到底出来ないでしょうし、 産院でも辛い物は食べてはだめだと指導するのではないでしょうか。

それに、辛い物を日常的に食べている韓国人やタイ人のお母さんだって、 特に食べる物を変えることなく普通に授乳しているはずです。

なので、ほどほどであれば辛い物を食べても大丈夫です。

もちろん食べ過ぎは禁物ですが、よほどの激辛料理を口にしたり、 毎日辛い料理を食べるというのでなければ、あまり気にする必要はないと思います。



辛いものを食べることで母乳の味が変わる可能性

多少なら、授乳中であっても辛いものを我慢する必要はないでしょう。 しかし食べた唐辛子の成分が全く母乳に出ないのかというと、そうとはいいきれません。。

お母さんが脂肪を沢山摂ると母乳の脂肪分は高くなりますし、 香りの強いスパイス類は母乳の味を変えるといわれます。

唐辛子を食べると、辛味成分であるカプサイシンが母乳に出る・・なんて単純なことではありませんが、 他のスパイス類と同じように、母乳の味を変えてしまう可能性はあります。

実際のところ、味の違いは赤ちゃんにしかわからないわけですが、 母乳の味が変わると赤ちゃんが飲むのを嫌がる場合があるそうです。

例えばお母さんが唐辛子料理を食べた後、母乳に唐辛子の一部成分が混じり、 いつもの母乳とは風味が変わって赤ちゃんが嫌がるかもしれません。

赤ちゃんが母乳を飲んでくれないと困りますよね?

また唐辛子料理を食べすぎると、お母さん自身がお腹を壊してしまうかもしれません。 水分が沢山必要な授乳中に下痢でもしてしまったら大変です。

個々の判断にもよりますが、もし辛い料理を食べるとしても少量に留めておいた方が無難だと思います。



韓国産の唐辛子はカプサイシンの量が控えめ

韓国料理が好きな方ならご存じかもしれませんが、韓国産の唐辛子は、 日本産の鷹の爪に比べるとかなり辛みが控えめです。

日本産に比べて韓国唐辛子の辛みが少ないのは、カプサイシンの量が少ないから。

以下の「韓国産および日本産トウガラシの成分比較(pdf)」内の表によると、 韓国唐辛子のカプサイシンの量は、日本産の鷹の爪に比べると半分以下という結果が出ています。


どうしても授乳中に唐辛子料理が食べたいというのであれば、 カプサイシンが控えめの韓国唐辛子を利用するとまだ体に穏やかなのではないでしょうか?

辛みは控えめでも唐辛子自体のうまみはしっかりと感じられるので、 辛いものが好きな人なら美味しく食べられるはずです。

私などは、日本の鷹の爪よりも韓国唐辛子のほうが好きなくらいです。

韓国唐辛子は韓国調味料の通販などで安く買えますので、授乳中の方に限らず、辛い料理が好きな方はぜひ試してみてください。

中でも粉末タイプは、ラーメンに炒め物にスープにチャーハンに…と、さまざまな料理に使いやすいですよ。

選特上無添加唐辛子粉 甘口200g(キムチ用 or 調味用)
普段使いには「調味用」の唐辛子粉がおすすめ



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
オススメ!



元祖辛麺屋「桝元」のラーメン2食セット

TVでも話題の元祖辛麺屋「桝元」のラーメン2食セット。

旨味のある辛味がたまらなくおいしい。
ラーメン後のスープで作った雑炊も最高です。

味を選べます。
送料無料!



関連記事

風邪の時に辛いものを食べるのは良いこと?それともダメなこと?

風邪の引き始めに辛い料理を食べたら、風邪がすっきり治った。そんな経験をした事がある方、少なくないと思います。しかし一方で、風邪の時に辛いものは良くないという声も。実際のところ、風邪の時に辛いものを食べるのは良いことなのでしょうか、それともやめておいた方が良いのでしょうか?

激辛は口内炎の原因となる?予防するには?

辛いものを食べると口内炎が出来やすくなる。そんな方は結構多いようです。根拠はありませんが、刺激物ですから口内炎ができてもおかしくはありませんよね。今回は、辛いものを食べると口内炎が出来やすくなる理由についてお話いたします。

唐辛子など辛いものを食べて薄毛になることはある?

辛いものを食べると薄毛になる。そんな話、聞いた事ありませんか?本当だとしたら、激辛が好きな方にはショックが大きいはず。実際のところ、辛いものが薄毛の原因になることはあるのでしょうか?

子どもに激辛料理はOK?NG?

刺激物を嫌う子供は多いですが、稀に辛いものでも平気で食べられてしまう子供もいます。しかし、子供に辛いものを与えても良いのでしょうか?今回は、子供に辛いものを与えることの是非と、辛いものを与えた場合の影響についてお話しします。

妊娠中に激辛料理はNG?赤ちゃんへの影響は?

激辛料理が大好き!でも妊娠中は赤ちゃんに影響を与えそうで怖い・・なんて妊婦さん、おられると思います。妊娠中に辛い料理を食べるのは良くない事なのでしょうか?

激辛料理を食べすぎると味覚障害に!?その真偽は

激辛料理を頻繁に食べていると、味覚障害になるときいたことはありませんか?そういわれると確かにそのような感じもしますが、本当のところはどうなのでしょうか。唐辛子などの辛味成分が原因で、味覚障害になることはあるのでしょうか?

激辛料理(唐辛子料理)は体に良いのか?悪いのか?

激辛料理大好き!と連日のように辛い物を食べたり、マイ唐辛子を持ち歩いている方もおられると思います。しかし、気になるのが体の健康への影響。メリットもデメリットもある辛い料理、果して激辛料理は体に良いのでしょうか?それとも悪いのでしょうか?

授乳期の激辛料理はNG?母乳に辛味成分が出ると聞いたけれど・・・

激辛料理が好き。でも授乳中だから食べられない…なんて我慢をしているお母さん、おられると思います。母乳はお母さんの血液からできていますので、辛い物を食べるのは良くないというのは一理あることです。しかし実際のところ、授乳中のお母さんが辛い物を食べるのはNGなのでしょうか?

激辛料理は太る?太らない?ダイエット中に食べてもいいの?

激辛料理には痩せるイメージがあります。ですが、辛い料理を食べた翌日に顔がむくんだり、体重が増えることは珍しくありません。ひょっとすると、激辛料理はダイエットには向かないのでしょうか?

激辛料理を食べるとお尻が痛くなる 痔の原因になり得る?

激辛料理を食べた後、お尻が痛くなった経験をされている方は少なくないと思います。結構つらいですよね。しかし、なぜ辛い物をたべるとお尻が痛くなるのでしょうか?

TOP